紫陽花とpH値

Home > 2010-06 / 草花 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

2010-06-20

ここのところ皆様のブログで紫陽花の写真をよく目にしますので、我が家の古株の紫陽花も載せておこうと思います♪

20_10.jpg
日本原産のものは「ガクアジサイ」で、このように球状のものは「セイヨウアジサイ」と呼ぶそうです。

20_11.jpg

20_12.jpg

紫陽花は土壌によって花弁の色が変わると言われていますよね。他にも土に含まれる成分の影響もあるそうですが、一般的には土壌が酸性なら青くなり、アルカリ性だと赤になるとのこと。

20_13.jpg

20_14.jpg
この酸性度を現す「pH値」には、過去に何年もの間、悩まされました。

pH値とはアルカリ性か酸性かを示す数値で、7.0を中性とし、それ以下を酸性、それ以上をアルカリ性といいますが、錦鯉飼育に適しているのは弱アルカリ(7.0 ~ 7.4)とされています。そして、錦鯉のふるさと新潟の山古志周辺が丁度このペーハー値なんです。理想的な水質で育てると鯉は健康に育ち、色が揚がり、照りがでるとされています。

我が家の井戸水のpH値は約8.0~8.2あります。

日本の水は大体酸性の範囲内であると言われていますが、関西方面では井戸水が5.0~6.5程度の地域が多く、関東ローム層から出る井戸水では粘土質の影響で7.5~8.5辺りが多いです。この為に、同じ生産者から連れてきた鯉でも、飼育する地域によって水質の違いにより、紅質や墨質や、肌の状態に大きな変化がでます。

同じ水でも地域や環境によってかなり違いがあるんですね。さらに、飲料水や化粧品に使用するには軟水か硬水かも重要になりますし、もっと深く研究してみたいテーマです♪


♪応援クリックどうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
スポンサーサイト

Comment

Gustavさま : 2010-06-22(Tue) 18:11 URL edit
こんにちは。
鯉の飼育は水のpHも管理しなければならないんですか。気を遣いますね。
私の体は不摂生で完全に酸化してると思います。べつに体から酸っぱい匂いがするわけじゃないですケド…(笑)
ルビィさま : 2010-06-22(Tue) 20:59 URL edit
Gustavさん、こちらにもありがとうございます♪

そうなんですよ。鯉にとっては水質が全てといってもいい位に水の管理が最も大事で
鯉を見るより先に、水の状態を気にしていないといけません。

アハハ、お仕事が忙しいと体調管理が大変でしょうね。ストレスをためないように
してくださいね~。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ochibashigure.blog57.fc2.com/tb.php/27-c3365e17

君 が い る ☆ | Page Top▲

New >>
ダライ・ラマ14世
old >>
丸の内 ~IL GHIOTTONE~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR